1. ホーム>
  2. 歴史・寺社仏閣>
  3. 県指定文化財 銅鐘

歴史・寺社仏閣

県指定文化財 銅鐘

県指定文化財 青銅製、高さ 108.1センチメートル、口径 60.3センチメートル。
 池の間(鐘の中間にあるほぼ方形の四区)の陰刻銘により、鐘は埼玉県岩槻市平林寺を開山した石室善玖が嘉慶1年(1387)鋳造。大工沙弥善作とわかる。その後享徳5、康生2年(1456)上幸嶋郡(現猿島郡)穴太辺の星智寺のものとなったことが三区以下の追銘で知れる。
 この鐘は天正1年(1574)9月、佐竹氏の先手となった多賀谷氏が、猿島郡へ出陣の際に戦利品として持ち帰り、大宝八幡宮に奉納したものと伝えられる。また、この鐘を撞くと、ふるさと恋しさから「あなべ恋し」と鳴るといわれ『あなべ恋しのつりがね』とも呼ばれる。

住所
〒304-0022
下妻市大宝667
電話番号
0296-44-3756
スマートフォン用ページで見る