1. ホーム>
  2. 歴史・寺社仏閣>
  3. 県指定文化財 丸木舟

歴史・寺社仏閣

県指定文化財 丸木舟

県指定文化財 クロマツ材、長さ6.07メートル、幅55センチメートル。
 船首と船尾をとがらせている。江戸時代の中ごろに大宝沼から発見されたといわれる。浅瀬で運搬用に使われていたものと考えられる。舟底は平たんに近い造りで、舷の内外とも精巧に削られているのが特色になっている。大木の幹をくりぬいて造った丸木舟は刳船ともいわれる。見事な造りのこの丸木舟は、古墳時代後期のものと考えられ、ほぼ完全な形で、保存も極めて良好、貴重な考古資料として高く評価されている。(管理者大宝八幡宮)

住所
〒〒304-0022
下妻市大宝667
電話番号
0296-44-3756
スマートフォン用ページで見る