1. ホーム>
  2. 歴史・寺社仏閣>
  3. 県指定文化財 木造聖徳太子立像

歴史・寺社仏閣

県指定文化財 木造聖徳太子立像

衣冠束帯摂政太子像。ヒノキ材、寄木造り、白土下地彩色、玉眼嵌入、像高65センチメートル。太子の像容は、3歳の南無太子像・16歳の孝養像・壮年期の摂政太子像・衣冠束帯像・馬上太子像などいろいろな姿がある。
 県内の浄土真宗寺院には多くの太子像が残されているが、そのほとんどが孝養像で、このような摂政太子像は、県内は無論、全国的にも数少なく、その内でも優れた作品といわれる。
 製作年代は室町時代初期、14世紀末頃までさかのぼると思われる。
 なお、像を安置する黒漆箱形厨子の框裏には天正9年(1581)の墨書銘がある

住所
〒304-0067
下妻市下妻乙350
電話番号
0296-44-2367
アクセス
関東鉄道常総線下妻駅から徒歩で約5分
備考
県指定文化財
聖徳太子立像は14世紀の作で、このような摂政太子像は県内は無論、全国的にも数少なく、その内でも優れた作品です。(光明寺所蔵)

スマートフォン用ページで見る