1. ホーム>
  2. 楽しむ>
  3. 小貝川ふれあい公園

楽しむ

小貝川ふれあい公園

小貝川ふれあい公園01
小貝川ふれあい公園02
小貝川ふれあい公園03

【気分はポピー色!360°お花畑の大パノラマ】
 川沿いに続く約3.2万㎡のお花畑。春には3百万本の花が色とりどりに咲き乱れ「小貝川フラワーフェスティバル」の舞台となります。秋にはコスモスが涼しげに揺れて、再びあたり一面を花のじゅうたんに変えます。お花畑の中に立って、思いっきり深呼吸してみてはいかがですか。きっと素敵な気分になれるはずです。

【遊べる!学べる!触れられる!大きな自然の勉強部屋】
 ネイチャーセンターは、国蝶オオムラサキを型どったユニークな建物。側面にはイモムシの絵が描かれています。蝶の頭部にあたる部分は360度のパノラマ展望デッキで、正面には小貝川と筑波山、後方には日光連山や富士山が眺められます。左右の羽は展示室になっており、ギャラリー1では特別展示を、ギャラリー2ではミニミニ水族館などの常設展示を行っています。中でも、オオムラサキの一生がわかる世界一のデルビジョンや、めずらしい世界の淡水魚が見られるマジックビジョンなど、充実した映像設備が人気を集めています。

【森林浴とバーベキュー】
 ふれあい公園の豊かな自然林のなか、気の合う仲間や家族連れでのバーベキューパーティーは最高です。9名~15名で使えるバーベキューの炉が10ヵ所設置され、春と秋は高い人気。利用する方は、ネイチャーセンターで予約が必要です。

【みんなで伸び伸び、スポーツをエンジョイしよう!】
 サッカー場1面、ソフトボール場4面、そしてピクニック広場などからなるスポーツゾーン。子どもから大人まで、みんなが安全に遊べる施設です。バックネット、ゴール、スコアボードなどの施設も用意されているので、チームの練習や大会など気軽に活用して下さい。

【自然がいっぱい!楽しさもいっぱい!!ワクワク体感スポット】
 小貝川河川敷を利用した「小貝川ふれあい公園」は、花いっぱい楽しさいっぱいの公園です。園内は大きく「自然観察ゾーン」「スポーツゾーン」「ネイチャーセンター」「フラワーゾーン」と、4つのゾーンに分かれ、他にも気軽に楽しめるパークゴルフやバーベキュー広場、こども広場など家族みんなで一日中楽しめる施設が盛りだくさんです。
【ミニミニ水族館】
 小貝川に生息する魚や生き物がいっぱい。円型水槽では、じかに魚たちを触ったり、観察することもできます。

【オオムラサキの森】
 日本の国蝶オオムラサキは、羽の内側が美しい紫色をしたタテハチョウ科のチョウです。小貝川ふれあい公園・自然観察ゾーンにある「オオムラサキの森」は、その貴重な生息地。一般の人が森に入れるのは観察会の時だけですが、きっとたくさんのオオムラサキの乱舞する姿が見られることでしょう。

住所
〒304-0033
下妻市堀篭1650-1(小貝川ふれあい公園ネイチャーセンター)
電話番号
0296-45-0200(小貝川ふれあい公園ネイチャーセンター)
定休日
月曜日(祝祭日の場合は翌日)及び年末年始
駐車場
普通車256台、大型車3台
(上流コアゾーン含む)
アクセス
【車】
常磐自動車道谷和原IC~国道294号線(約40分)   
常磐自動車道土浦北IC~国道125号線(約40分)   
北関東自動車道桜川筑西IC~国道294号線(約40分)
【鉄道】
関東鉄道常総線下妻駅下車

【バス】
関東鉄道常総線下妻駅から関鉄パープルバスで、土浦駅またはつくばセンター行きに乗り、比毛バス停で下車(バス停から徒歩5分)

【タクシー】
関東鉄道常総線下妻駅から約10分
スマートフォン用ページで見る