1. ホーム>
  2. モデルコース>
  3. おすすめ観光スポット -花のみどころ-

モデルコース

おすすめ観光スポット -花のみどころ-

桜【見頃:3月下旬~4月上旬】

 

サンプル画像1
サンプル画像2
サンプル画像3
サンプル画像4

【場所】砂沼広域公園(遊歩道・観桜苑)

【見頃】3月下旬から4月上旬

茨城百景にも選定された砂沼の遊歩道を6kmにわたって桜並木が続く。3月下旬~4月上旬には約1,000本の桜が満開となり、花見の名所となっています。桜まつり期間中については、夜は一部ライトアップされ、湖水も彩られ、花見を一層楽しませてくれます。
観桜苑は、その名のとおり桜が美しい公園。5haを超える敷地内には約50種類・350本の桜が植えられており、3月下旬~4月上旬にはたくさんの花見客でにぎわいます。

 

菜の花【見頃:3月下旬~5月上旬】

 

サンプル画像1
サンプル画像2
サンプル画像3

【場所】小貝川サイクリングロード

【見頃】3月下旬から5月上旬

小貝川サイクリングロードはサイクリングやジョギング・ウォーキングに最適。堤防に自生する菜の花と雄大な筑波山を臨む風景は絶景です。

 

菖蒲(あやめ)【見頃:5月~6月】

 

サンプル画像1
サンプル画像2
サンプル画像3

【場所】砂沼広域公園内菖蒲園

菖蒲園はただいま再生中です。写真は生育状態が良いときのものです。

 

ポピー【見頃:5月中旬~5月下旬】

 

ポピー01

ポピー03
ポピー02

ポピー04
ポピー05
 
 
 
 
 

 

【場所】小貝川ふれあい公園フラワーゾーン

【見頃】5月中旬~5月下旬

200万本 花の色彩り
下妻市が誇る広大な花畑。今年も5月には約200万本が花をつけ、ゾーン一面にポピー、アグロステンマなど色とりどりの花のじゅうたんが広がります。この花畑の種まきや除草などの管理は、ボランティアグループ「小貝川ふれあい花の会」によって行われています。


【場所】鬼怒フラワーライン

【見頃】5月中旬から5月下旬

鬼怒川河川敷に広がる15,000m2のフラワーラインには約150万本のポピーが色鮮やかに咲き誇り、この時期に合わせて、花畑上空を大小色とりどりの鯉のぼりが泳ぎます。

 

紫陽花(あじさい)【見頃:6月】

 
サンプル画像1
サンプル画像2
サンプル画像3

【場所】砂沼広域公園内遊歩道

【見頃】6月中旬~6月下旬

6月になると、西岸約3kmにかけて紫陽花が咲き誇ります。


【場所】大宝八幡宮あじさい神苑

【見頃】6月中旬から6月下旬

関東最古の八幡さまといわれる大宝八幡宮の境内は、平安時代から南北朝時代にかけてあった大宝城跡でもあり、境内の北側には、南北朝時代の土塁の遺構がそのまま残っており、その地形を利用して様々な種類のあじさいが植えられています。

 

コスモス【見頃:9月中旬~9月下旬】

 

サンプル画像1
サンプル画像2
サンプル画像3

【場所】小貝川ふれあい公園フラワーゾーン

【咲き始め時期】9月上旬

【見頃】9月中旬~9月下旬

小貝川ふれあい公園内花畑の一部でコスモスを栽培しています。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは下妻市観光協会です。

〒304-8555 茨城県下妻市鬼怒230

電話番号:0296-44-8098 ファックス番号:0296-44-8098

アンケート

下妻市観光協会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る